ニュージーランド移住計画・・オークランドで就活中
by kao16kao


カテゴリ:ウェリントン Mar 08( 10 )

滞在最終日

翌日早朝に日本に向けて発つ私にとっては、この日が滞在最終日。 

英会話のA先生とだんなさんのMさんと1日一緒でした。

まず、ホテルのチェックアウト。 予約した時、最終日の土曜だけ、どこもホテルがいっぱいで予約が取れず、どうせ翌朝早いからと、最後の一泊は空港近くのホテルにしたのです。 当初、イースターのお休みだからかな?と思っていたら、もちろんそれもありだと思いますが、その週末にはロック・コンサートがあるそうで、Kiss やらオジー・オズボーンやら、ちょっと懐かしめの人たちが一挙勢ぞろいらしく、その影響の方が大きそう。 実際、この日は、街のいたるところでKissのTシャツ着た人たちを見かけました。 面白いと思ったのは、すごく若い男の子たちもKiss Tシャツを着ていたこと。 若い子たちにも人気みたい。

先生ご夫婦とは、カフェでお茶をしてから、街をドライブ。 お土産を買うのも付き合ってもらいました。 その後、LOTRのツアーでも行ったEva Dixons Cafe でランチ。 Kedgeree(ケジェリー)という初めて食べるお料理です。
メニューに書いてある説明でイメージしたのとは全然違いましたが、とても美味しかったです。
b0103583_14552669.jpg


ランチの後は、先生のお気に入りのガーデニングのお店に行きました。 このお店、なかなか楽しかったです。
b0103583_14555616.jpg

b0103583_1456118.jpg

b0103583_14562479.jpg


続いて先生のお宅訪問。 先生宅も、とてもよい環境の素敵なお家。 ほんと、ウェリントン、Good です。

夜はフレンチのお店で最後のディナー。 帰り道にマウント・ビクトリアから夜景を見ました。 残念ながら、私のカメラって、どうしても夜景はきれいに見えない・・・ 先生いわく、コンサートの音楽が聞こえるかも。 でも、この日は風向きの関係もあったのか聞こえず、おまけに、めちゃ寒かったので早めに切り上げました。

先生ご夫婦にホテルまで送っていただき、再会を約束してお別れ。 英語を習っていただけなのに、とても親切にしてもらいました。 そして、楽しかった今回の旅行の最終日が終わりました。
b0103583_151954.jpg

[PR]
by kao16kao | 2008-05-10 15:02 | ウェリントン Mar 08 | Comments(0)

Good Friday

朝のお散歩からホテルに戻って、Cさんに迎えにきてもらいました。

Good Friday は、クリスマスより厳しくお休みするよう決められているそうで、いくつかの種類のお店を除いては、Good Fridayに営業すると罰金をとられるとか。 そんなわけで、ウェリントンの街もほとんどのお店が閉まっていて静かでした。

まず、用事があるとのことでCさんの職場へ行きました。 ニュージーランドで働きたいと思っていた(今も思っているかも)私にとって、ニュージーランドのオフィスを見ることができて感激でした。 驚いたのは、イースターのお休みなのに、他に2人ほどオフィスで仕事をしていたこと。 働く人は働いているのね。

Cさんの同僚のお勧めのカフェが開いているかどうか電話で確認してから、Cさんのお姉さんとそのカフェで合流することになりました。 Lyall Bayにあるそのカフェはたくさんの人でにぎわっていました。 そこでCさんのお姉さんのAさん、お友達のFさんと4人でブランチ。 AさんもFさんもとても親切で楽しいひと時を過ごしました。

それから、Cさんとぐるっとドライブ。 ウェリントンの街からほんの少し車で走っただけで、こんな素敵な景色が広がっています。 ウェエリントンも、すっかり、「住みたい街」のリストに仲間入りです。
b0103583_14323619.jpg


ウェリントンに行ったら、行ってみたかった「チョコレート・フィッシュ・カフェ」は、残念ながら昨年クローズしたと聞いていたのですが、Cさんにその話をすると連れて行ってくれました。 なんでも閉店の理由はレントの高騰らしく、Cさんも、ウェリントンの代表的なカフェだったので残念って言っていました。 姉妹店で、「チョコレート・フロッグ・カフェ」があるそうですが、この日はお休みで行けませんでした。 次回ぜひ!!

寂しげな、閉店後のチョコレート・フィッシュ・カフェ
b0103583_1436845.jpg


目の前はこんな素晴らしい景色
b0103583_143721.jpg


チョコレート・フィッシュ・カフェを後にして、また街へ戻り、車を停めてから、オリエンタル・パレードをお散歩。 ウェリントン、ほんと良い街です。
b0103583_14382129.jpg


夜はCさん&Gさん宅の新居にお邪魔して、美味しいCさんの手料理をいただきました。 お家は住宅街にあって、私が一人で周りを散歩していたら、犬を散歩していた男性が"Good evening!"とニッコリ挨拶してくれて、なんかとてもよい感じ。 その話をCさんにしたら、「ご近所は良い人ばかり」とのこと。 街からは車で30分くらい離れているけれどとても住みやすそう。
夜、ホテルに送っていただいてCさんと再会を約束してお別れ。 約2年ぶりに会って楽しい時を過ごせました。
[PR]
by kao16kao | 2008-05-10 14:43 | ウェリントン Mar 08 | Comments(2)

シビック・スクエア周辺

Good Friday

この日は1日、前の会社で一緒だったCさんにお付き合いいただくことになっていましたが、約束の時間までシビック・スクエア周辺を歩いてみました。

朝から、今にも泣き出しそうな空・・・ 

b0103583_2231365.jpg


謎の物体

b0103583_2234559.jpg


下の通りを通った時に気になっていた橋

b0103583_2255611.jpg


おさかなのオブジェ

b0103583_2264495.jpg


ウェリントンの街にはいたるところにアートがあります。 楽しいです♪
[PR]
by kao16kao | 2008-05-09 22:07 | ウェリントン Mar 08 | Comments(0)

テ・パパ

植物園の後は、軽くランチしてから、若者に人気のキューバ・ストリート経由で国立博物館テ・パパに行きました。
これはキューバ・ストリートの案内↓
b0103583_13222351.jpg


テ・パパ
b0103583_13232775.jpg

b0103583_13234648.jpg


英会話のA先生の旦那さんMさんが、テ・パパで働いているので、入り口で待ち合わせて、中のカフェでお茶を飲みながら30分ほどおしゃべり。 その時、植物園で見かけたオークの話、あまり日本人は見ないと言うと、日本人はいるところにはいるよって。 Mさんと別れてから、クジラの展示を見に行きました。
b0103583_13264062.jpg


テ・パパの中は撮影ok。 でも、残念ながら私のカメラではあまりきれいに撮れなかったですね・・・ マオリの展示も興味深かったです。 外にあったマオリの門↓
b0103583_1328132.jpg


本当はもっとゆっくり展示を鑑賞するべきなのだけれど、夜はCさんとディナーに行く約束もしていたので、ちょっと駈足で鑑賞。 窓から、外の小さな滝が見えて、その側を人が歩いていたので、どうしてもそこへ行ってみたくて、いったん外へ出て探したけれど入り口を発見できず。 再び中へ戻って聞いてみると、思いもしなかったところに入り口がありました。
そして、そこへ行ってビックリ。 中から見えた滝だけでなく、小さなトラックがあったのです。 これには感激。 博物館の中に、こんなトレイルがあるなんて!
b0103583_13334133.jpg

b0103583_13335745.jpg


テ・パパ、またゆっくり行きたいです。

夜は前の職場で一緒だったCさんと、彼女のパートナーGさんと一緒にディナー。 ラムを食べて美味しかった♪ 2人ともキウイで、経理の仕事をしているけれど、2人ともとても忙しそう・・・ニュージーランドの仕事は楽なのかと思ったらそうではないみたい。 2人ともとても親切で楽しい時を過ごしました。
[PR]
by kao16kao | 2008-05-06 13:37 | ウェリントン Mar 08 | Comments(0)

ウェエリントン植物園

ウェリントンではあまり日本人を見かけないな~と、思っていたら、ついに出くわしました! それも強烈な集団に! たぶん、日本の中学生の団体で、50人はいただろうか・・・引率の先生も何人かいました。 周りの迷惑も顧みず雄たけびをあげつづける中坊たち・・・ 彼らが去るのを少し待とう、と、植物園内のベンチに腰掛けて待つも、奇声はなかなか止まない・・・ 前日LOTRのツアーに参加したばかりだからか、まるでオークの集団だと思ってしまいました(汗)

オークが去って行ったので、園内を散策。
ケーブルカーそばからの眺め↓
b0103583_13153349.jpg


これは日時計らしい↓
b0103583_1314244.jpg


ニュージーランドの植物園って、どこも素敵なところですが、近くに住んでいたら毎日でもお散歩にきたくなるようなところです。
お花がとてもきれい↓
b0103583_13164745.jpg


b0103583_1317333.jpg


カモの池にはエサをあげに来る人たちも。
b0103583_13175062.jpg

[PR]
by kao16kao | 2008-05-06 13:17 | ウェリントン Mar 08 | Comments(0)

ウェリントンのケーブルカー

国会議事堂を出てからラムトン・キー(通りの名前)を通って、ケーブルカー乗り場を目指しました。
ラムトン・キーの一風景↓
b0103583_1258423.jpg


しばらく歩くと、こんなかわいい案内が↓
b0103583_12583293.jpg


ラムトン・キーの乗り場はこんな感じです↓
b0103583_1259633.jpg


ウェリントンのケーブルカーは市街地と斜面の上にある住宅地キルバーンを結んでいます。 往復で$4.50。 途中にはビクトリア大学の駅もあります。 中はこんな感じ↓
b0103583_1313957.jpg


終点のキルバーンの駅。
b0103583_1341573.jpg


b0103583_1345020.jpg


すぐそばの展望台からの眺めは、よく観光ガイドやパンフレットで見る風景↓
b0103583_1355451.jpg

[PR]
by kao16kao | 2008-05-06 13:05 | ウェリントン Mar 08 | Comments(0)

国会議事堂

この日の天気予報は曇りのち晴れ。 でも、朝起きたら今にも雨が降りそう・・・ 本当は最初に植物園に行こうと思っていたけれど、予定を変更して国会議事堂に先に行って来ました。

中に入るときには荷物チェックをしたり、内部の撮影は禁止だったり。 国会議事堂だものね。 でも、中のおみやげ物屋さんで "Parliamints" "Governmints" というミントを売っていて、ちょっとウケました。

約1時間で内部の説明を受ける無料のツアーがあるので、それに申し込んで、時間までビデオを見て待ちました。 ツアー参加者は、アメリカ人4人、カナダ人2人、ドイツ人2人、ウェールズ人2人、そして私の11人。 ガイドはBさん。1時間もかかるのかな、と、思ったら、ぐるっと周るだけで本当に1時間。 一般人が提案をするときに使われる部屋や国会が開かれる部屋(ドレスコードが緩やかなのはGood!)、図書館に歴代議長や総理大臣の写真の飾られた廊下などなど興味深かったです。 そういえば、私って、日本の国会議事堂の中は入ったことないのよね・・・

ツアー後、外へ出ると良いお天気になっていました! 良かった♪

政府幹部陣営は形がハチの巣に似ているからビーハイブと呼ばれています↓
b0103583_12533727.jpg


パーラメント・ハウス↓
b0103583_1254977.jpg


よくわからないけど、これが図書館なのかな??
b0103583_12543431.jpg

[PR]
by kao16kao | 2008-05-06 12:54 | ウェリントン Mar 08 | Comments(0)

ローバー リング ツアー 2

マウント・ビクトリアから、WETAのすぐ近くにあるEva Dixons Cafeでお茶休憩。 
WETAには入れないのわかってはいたけれど、ちょっと楽しみにしていたので、車窓からしか見なかったのは少々ガッカリ。
b0103583_14562191.jpg


その後、PJのポスト・プロダクション・オフィスの前を通って、スタジオを高い場所から見渡せる所へ行ったころから、ポツポツと雨が・・・ 朝からあまり良いお天気ではなかったけれど、やっぱり雨降っちゃったか・・・

その後は、カイトケ自然公園へ向かいました。 カイトケは、普段はウェリントンの倍くらい雨が降るらしいけれど、着いた頃には雨は止んでいてラッキー。 この日はウェリントンは雨、カイトケは良いお天気でした。 ガイドのLさんの案内で短いトレイルを歩いた後、Lさんがランチの支度をする間、みんなで残りの短いトレイルを歩きました。

戻ったころにはランチの準備ができていて↓、いろいろな種類のサンドイッチの中から、好きなのを選んで食べました。
b0103583_1511071.jpg


でっかいウナギも泳いでいる、こんなきれいな川のそばでランチをしました。
b0103583_1542476.jpg


ランチの時、ダブリンのおじいちゃま(実は若かったりして・・)といろいろお話をしました。 息子さんがビクトリア大学で博士号をとっているので訪ねてきたそうです。 坂道や高い場所から降りるときは手を差し伸べてくれる、さすが紳士って感じでした。


食後はリーベンデールへ。
b0103583_1533373.jpg


b0103583_1545386.jpg


ここで、ガイドのLさんがコスプレグッズを持ってきて、レゴラスの真似をして写真を撮ろうと言い出しました。 私は興味なかったので、いいです~と逃げていたけれど、他の参加者はまんざらでもない様子で、みんな順番でヅラをかぶり、エルフの耳をつけ、剣を持って嬉しそうに写真を撮っていました。

カイトケの後、アイゼンガルドのシーン撮影場所へ行った時も、ガンダフルとサルマンの格好で撮影となり、みんな喜んでコスプレしていました。 みんな、映画観てなくてもコスプレは好きなのね。

それからまた何ヶ所か撮影場所を見学してから、ウェリントンの街中へ戻り、ホテルや希望の場所で降ろしてもらいました。

残念ながらツアー参加者の集合写真は撮れなかったけれど、楽しい1日でした。


夜は昨晩見つけた「アブラ ケバブラ」というケバブのお店に行って、ケバブコンボを食べてきました。 安くて美味しかったです♪
[PR]
by kao16kao | 2008-05-03 15:12 | ウェリントン Mar 08 | Comments(0)

ローバー リング ツアー 1

2003年に初めてニュージーランドを訪れた時から、LOTR関連のツアーがあると、思わず参加してしまう私。 今回も、ローバー リング ツアーに参加しました。

9時前にお迎えがきて、その後、他の参加者の滞在ホテルを周ってからツアーの始まりです。 参加者は私を入れて9人: ダブリンから来た可愛いお年寄り3人(ご夫婦とお友達の女性)、ブリスベンの2カップル、そしてマンチェスターから来たLOTRファンの男性。 でも、びっくりしたのは、LOTRツアーなのに、LOTRを観たことがあるのは、マンチェスターから来た男性と私の2人のみ。 ガイドのLさん、後で聞いたら、やっぱり困ったって言っていました。 普段は、あのシーンって言うだけで、みんなすぐわかるのに、今日は、登場人物の説明や状況の説明など、すべて説明してもピンと来ない。 なんたって知らないわけですから。 でも、みんなとても良い人たちで私的にはとても楽しいツアーでした。

ツアーはまず、エンバシーシアターから。 『王の帰還』のワールドプレミアの様子をガイドのLさんが話してくれました。 車からは降りなかったので、写真はツアー後、またシアター前で降ろしてもらって(どこで降りたいか聞かれたので)、その時撮りました。
b0103583_14322474.jpg


エンバシーシアターのそばにあった大きなオブジェ
b0103583_14332780.jpg


続いて、マウント・ビクトリアへ向かいました。 

まずは展望台からウェリントンの街を見ました。
b0103583_1442458.jpg


b0103583_1442247.jpg

マウント・ビクトリアは、ホビット4人がブラックライダーから隠れるシーンを撮影した所なので、木の幹を楽しみにしていたのですが、幹はつくりものだそうで・・・
撮影はこのあたり。
b0103583_14424474.jpg


ホビットたちがブラックライダーから逃げるシーン。 見えるかな・・・ 向こうのほうで、ブリスベン・カップルのうち3人が、馬とブラックライダーに扮しています。
b0103583_1444469.jpg


逃げる時の緊迫した様子を撮影する際、監督は俳優たちに、この急な斜面を何度も走って往復するように命じたそうです。 みんな、何往復も走ってハァハァ言いながらそのシーンは撮影されたとのこと。 ここでガイドのLさんが写真を手にして質問。 「このシーン、写真には3人しか写っていないけど、いないのは誰?」  いや~ん、私のお気に入りのサムがいない。 「サム!」と、すぐに答えちゃいました。
Lさんは、なぜサムがそこにいないかを話してくれました。 サム役のショーン・アスティンは、ニュージーランドに来てから、体重をもっと増やすように言われていて、毎日毎日太る食事ばかりさせられていたそうで・・・ で、この斜面を走れと言われても、と、さすがに文句を言ったらしいです。 その言い分はもっともだったので、サムだけ免除されたそうな。
[PR]
by kao16kao | 2008-05-03 14:50 | ウェリントン Mar 08 | Comments(0)

ウェリントンに到着

フェリーがウェリントンに到着したのは、たしか5時半過ぎ。 預けた荷物も無事に出てきて、荷物をコロコロころがしながら、地図を見て、これから4泊するジャストホテルへ向かいました。 途中、今晩は何を食べよう・・・どこか入りやすそうなお店はないかしらん☆とキョロキョロしながら歩き、フードコートとお気に入りスーパー、ニューワールドを発見!

チェックインしたのは6時頃。 お部屋はこんな感じです。
b0103583_1494922.jpg


ちょっぴりガッカリ、というか、焦ったのは、バスルームにシャンプー&リンスが無かったこと。 当然、YHAには無いので持参はしていたのですが、ウェリントンではホテル滞在だったので、いつもより少なめに持ってきて、シャンプーがもうすぐ無くなりそうだったのですよ。 おととし泊まったホテルにはあったのであるもんだと思っていたら、やっぱり手配旅行のホテルの方がお値段的にも高いからかな??

気を取り直して、早速外へ出かけました。 すごく疲れていたし、ささっと食事をしたかったので、途中見つけたフードコートへ行ったら・・・閉まってた・・・ が~ん。
もう面倒くさくなっちゃって、New World へ行って、のり巻きやらフルーツやらサラダやら、明日の朝用のマフィンやらオレンジジュース、それに水のポンプ4本セットやら、いろいろ買い込んでホテルで簡単ディナーにしちゃいました。

夜、前の会社で一緒だったCさんと、英会話を習っていたA先生に電話。 Cさんとは2日後、A先生とは3日後に会うことになっていたので、時間などを決めました。

そうそう・・・シャンプー。 日本と違って、旅行用の小さいのなんかなくて、大きいサイズしかないので、悩んだ末、買うのを止めました。 残りの滞在分、足りるか、私のシャンプー(汗)
[PR]
by kao16kao | 2008-05-03 14:19 | ウェリントン Mar 08 | Comments(0)