ニュージーランド移住計画・・オークランドで就活中
by kao16kao


カテゴリ:北海道旅行( 18 )

ファーム富田

ランチの後、最後の観光地、ファーム富田さんへ行きました。 富良野の写真でよく見かけるので楽しみにしていました♪ ラベンダーの季節にはちょっと早かったけれど、早咲きのラベンダーはきれいに咲いていました。 かわいいお店もあって、もう少し、ゆっくり見たかったなぁ。
b0103583_1859787.jpg

b0103583_18592291.jpg
b0103583_18593533.jpg
b0103583_18595045.jpg
b0103583_190484.jpg


そしてバスは4時過ぎには千歳空港に到着。 往きもそうだったけれど、空港は洞爺湖サミットを前に厳戒態勢。 おまわりさんがたくさん。 
長かったような、短かったような3泊4日の北海道旅行の終わりです。
もう少しゆっくり見たかった気もするけれど、3泊4日にしては盛りだくさんの観光。 一人で周ったらこんなに効率よく見ることはできなかったなと思います。 ゆっくり見たかったことは、また次回ってことで♪
[PR]
by kao16kao | 2008-07-06 19:04 | 北海道旅行 | Comments(3)

最終日

阿寒湖畔のホテルの窓からは阿寒湖も見えてなかなかgood でした。 朝食前にちょっとだけお散歩したときは、霧かもやか(どっちかわからない)が出ていました。 その風景も良かったです。 食後にはすっかり消えていました。
b0103583_18484725.jpg


この日はほとんど移動の日でした。
7時半には阿寒湖を出て、足寄、十勝平野を通って富良野へ向かいます。
新日本八景の狩勝峠からの眺めは・・・この日はイマイチでした。 お天気は良かったのですけれどね・・・ きれいに見えるときは十勝平野が見渡せるそうです。
b0103583_18554710.jpg

[PR]
by kao16kao | 2008-07-06 18:56 | 北海道旅行 | Comments(0)

阿寒湖

3泊4日旅行の最後の宿は阿寒湖畔でした。 
b0103583_1827971.jpg


ホテルに着いたら荷物を預けて、オプショナルツアーのモーターボートに申し込んでいた人たちだけ、再び外出しました。

モーターボートで天然マリモが見られるチュウルイ島のマリモ観察センターへ行きました。
天然マリモ↓
b0103583_18275592.jpg

別に展示されていた巨大マリモ↓
b0103583_18282898.jpg

モーターボートの運転手兼ガイドさんは、まるで高校生みたいな若いお兄さん。 いろいろ説明してくれました。 マリモを見た後も、阿寒湖をぐるっと周ってくれました。

夕食まで少し時間があったので湖畔をお散歩。 北海道には大きな蕗がたくさん生えています。
b0103583_1834780.jpg


ツアーの皆さんと1室で楽しく夕食をいただいた後、アイヌコタンにアイヌ文化に触れに行ってきました。 アイヌコタンまでの道のりはたくさんのお土産屋さん。 ウィンドウショッピングも楽しいです。
b0103583_18401225.jpg

アイヌコタンにはお土産物屋さんもたくさんありますが、踊りや劇も上演されるそうです。 お土産屋さんを見ていたら、お店の人に、「添乗員さん?」と聞かれ、「いいえ、旅人です。」と答えると、「どうみても添乗員だ」と言われました。 黒いフリース着てたのに何でだ?? 
他のお土産屋さんもみて周って、そろそろ帰ろうと思っていたら、9時からイベントやるから見て行きなさい、と、お店のおじさんが教えてくれました。 すぐ目の前でやるとのことだったので、外のベンチに座っていたら、隣の店のおじさんが出てきて、「今日当番なんだ」と言いながら着替え。 そして、「寒いでしょ。これ着てるといいよ」と、お店の中から、アイヌの衣装を貸してくれました。 「え~、売り物じゃないんですか?」と聞くと、「貸衣装」。 おかげさまで、あたたかかったです。
イベントが始まってビックリ。 「当番」の人はイベントのメインでした。 終わった後、一緒に写真撮ってもらいました(笑)
b0103583_18441446.jpg

実は、あまり期待していなかった阿寒湖。 思いがけず楽しかったです。 
[PR]
by kao16kao | 2008-07-06 18:46 | 北海道旅行 | Comments(0)

標津から摩周湖へ

ランチは標津サーモンパークで、鮭のお食事でした。 その後、敷地内にあるサーモン科学館(サケ科の水族館)を見学しました。 サケじゃないけど、ここで、ドクターフィッシュの水槽に手を入れて、古い角質を食べてもらったり、クリオネも見たし、外の丸いタンクで大きなチョウザメも見てきました。
b0103583_1219057.jpg


続いて、330度地平線の見える開陽台展望台に行きました。 町の施設だそうです。
ここの景色、とてもきれいだったのですが、この時、デジカメのバッテリーの残りが半分になっていて、密かに焦って、あまり写真を撮れませんでした。 今回は4日だけだから、充電器持ってこなかったんですよね・・・ 短くても必要ですね。 でも、結局持ち直して、無事に最後まで使えたのですが。
数少ない開陽台からの眺めの一枚↓
b0103583_12231840.jpg


そして、いよいよ摩周湖です!  摩周湖もとても楽しみにしていたのですが、なんと言っても「霧の摩周湖」。 姿を見ることができるかどうか、最後までドキドキでした。
到着すると、きれいに見えました! それも、ガイドさん、添乗員さんも、「こんなきれいな摩周湖は久しぶりに見た」と口をそろえて言うくらい。
b0103583_12252549.jpg

b0103583_1225421.jpg

b0103583_12255590.jpg


ガイドさんに、「湖を見ると、嫁に行けないというのはこの湖でしたっけ?」と聞いてみたら、「・・・この湖です・・が、3年ほど遅れるくらいですよ!」。 

ブルーカクテルのソフトクリーム、摩周ブルーを食べてきました↓
b0103583_1228779.jpg

[PR]
by kao16kao | 2008-07-04 12:29 | 北海道旅行 | Comments(0)

野付半島 トドワラ地帯

羅臼を通って野付半島に向かいました。 目の前にキラキラ光る海。 ここはもう、オホーツク海ではなく、根室海峡だそうです。
b0103583_11473279.jpg


野付半島は砂嘴(さし)という、砂礫が堆積して形成される、海中に細長く突き出た地形です。 天橋立(行ったことないけど)も砂嘴だそうです。
b0103583_1156988.jpg


ネイチャーセンターに向かうバスの車窓からタンチョウの夫婦を見ました。 大抵、2羽一緒だそうです。 タンチョウは一生同じ相手と添い遂げるのだそうです。 ガイドさんのお話では、タンチョウは「タンチョウ」で、タンチョウヅルというのは間違いとのこと。

ネイチャーセンターから国後島まで16キロです。 写真にはちゃんと写ってくれなかったけれど、国後島見てきました。 また、知床連山も遠くに見えます。

トドワラ地帯へは、ネイチャーセンターから徒歩で片道30分ほど。 馬車も出ています。
トドワラは、地盤沈下により海水が侵入し、トドマツが立ち枯れた荒涼としたところです。
b0103583_1254121.jpg

b0103583_1255695.jpg


ネイチャーセンターからトドワラまではこんな感じの道↓
b0103583_1264116.jpg


周りはきれいなお花がたくさん咲いていました。 これはクロユリ↓ 初めて見ました。
b0103583_1273232.jpg

[PR]
by kao16kao | 2008-07-04 12:08 | 北海道旅行 | Comments(0)

知床は雨・・・

旅の3日目、起きたら雨でした。 東京でチェックした天気予報では3日目、4日目には雨マークなかったのにな・・・なんて思うも、目の前で雨が降っているんだから仕方ない。

実をいうと、前日の夕方に行った知床五湖の散策もとっても楽しみにしていて、昨日の散策もとても楽しかったのだけれど、もしかしたら予定通り今日だったら、もっと良いお天気できれいな写真が撮れたかもと、前日は思っていました。 でも、今となっては、前日に散策しておいて良かった、添乗員さん、ありがとう、なんて思いながら、窓から外を眺めていました。

散策を前日にしたので、出発は1時間ほど遅いゆっくりの出発となりましたが、出発の時間になっても雨は止まず、そのままバスは知床峠に向かいました。

知床峠に着いたら・・・一面真っ白! 晴れた日には羅臼岳、そして国後島が見えるそうですが、この日は羅臼岳どころか、目の前に何があるのかも見えませんでした(泣) すごく楽しみにしていたのでガッカリ。
b0103583_11374331.jpg

↓真っ白
b0103583_11381639.jpg


真っ白な知床峠を後にして、峠を下りはじめてほんの数分後、青空が見えてきて羅臼岳が顔を出しました。
これって、これから峠に戻れば景色が見えるのか、はたまた峠を下りたから見えるようになったのか??ですが、結局峠には戻れなかったので、後者ということにしておきます。
b0103583_1142498.jpg


知床、また今度ゆっくり行きたいです。
[PR]
by kao16kao | 2008-07-04 11:49 | 北海道旅行 | Comments(0)

知床五湖/一湖&二湖散策

五湖に向かう途中、ネイチャーガイドさんがバスに乗って、いろいろ説明をしてくださいました。 全員に双眼鏡もお借りしました。 もし、ヒグマに遭ったらどうするかなどのお話も聞いて、いざ散策へ。
b0103583_959814.jpg

ヒグマ出没中のため、三湖、四湖、五湖方面は立ち入り禁止です。
私たちのツアーは、もともと一湖と二湖の散策だったのでOK。 明日の朝は、入れるかどうかわからないので、入れるときに行くのが一番だそうです。

ネイチャーガイドさんが一緒なので、いろいろな説明を聞きながら散策できました。 これはトドマツの赤ちゃんだそうです。 こんなに小さいけれど4歳。 これが、あんなに大きな木になるなんてビックリです。 あ、これは、バスガイドさんに教えてもらいましたが、枝が上を向いているのはトドマツ、下を向いているのがエゾマツだそうです。
b0103583_1033078.jpg


一湖は霧がかかっていて幻想的でした。 そして、対岸に鹿が二頭。 早速、双眼鏡の出番です。
b0103583_1073616.jpg

写真だと、あまり幻想的に写ってないですね(汗)

一湖から二湖への途中で見た風景。 木が地面でなく、岩の上から生えています。
b0103583_1084363.jpg


二湖も霧がかかっていました。 ここではカモらしき親子の姿を見ました。
b0103583_1093626.jpg


これはヒグマの爪あとです。
b0103583_1010655.jpg

今回はヒグマには遭遇しませんでした。 見たかったな~。 でも、実際遭ったら怖いんだろうな~。 ヒグマは甘いものが好きだそうです。 なので、散策中は飴やガムを食べてはいけないそうです。 水芭蕉が好物というのも面白いですね。

散策中は、どんより曇り空とはいえ、雨にも降られず、楽しく過ごしました。
知床ではずいぶんシカは見ることができました。 メスもオスも。
帰りのバスで、ネイチャーガイドさんから、オスジカはメスに比べてうんと少ないと聞きました。 冬を越すことができるオスが少ないのだそうです。 それは、秋の間に越冬の準備をしっかりするメスに比べて、オスはちょうど発情期なので越冬準備どころではないそうで・・・ メスはというと、オスに比べ、発情期の期間が短いそうなので、オスはメスのタイミングをみるのに忙しいらしい。 なので、全くオスジカを見かけることがないツアーも少なくないらしいです。
オスジカといえば、角もびっくりです。 あの角は毎年生え替わるそうです。 なので、生え替わる時期に生息地に行くと、古い角が落ちているとか。

ネイチャーガイドさんとお別れして、それぞれのホテルにチェックイン。
夜は霧雨の予報が出ていて、また低温なので動物・星空ウォッチングのオプショナル・ツアーも中止になってしまいました。 これは、また知床に行かねばなりません。
[PR]
by kao16kao | 2008-07-03 10:23 | 北海道旅行 | Comments(0)

オシンコシンの滝

2日目は知床ウトロ温泉泊で、夕方と夜に、遊覧船と動物&星空ウォッチングのオプショナル・ツアーがありました。 遊覧船では、海から知床観光ができるので楽しみにしていたのに・・・高波のため全便欠航だそうです。 ガッカリ。 でも、しかたないです。

遊覧船は欠航になってしまったけれど、雨は降っていないので、マイナスイオンたっぷりのオシンコシンの滝はゆっくり観光できました。

b0103583_9465686.jpg

b0103583_9471130.jpg

b0103583_9472363.jpg


今回のツアーに参加して、驚いたというか、すごいな~と思ったこと。 それは、全員時間厳守なのです。 と、いうより、みんな、集合時間前にはバスに集合しています。 これってすごいことだと思います。 よく、時間を過ぎても戻ってこない人たちがみんなに待ちぼうけをくらわせ、ガイドさんが必死に探すという場面を見かけますが、私たちのグループは初日から最終日まで、そんなことは一度もありませんでした。 そんなわけで、常に旅程表より早いペースで進んでいました。 この日の観光は、オシンコシンの滝の後は、ホテルにチェックインして、申し込んだ人だけ遊覧船に乗るという予定でしたが、遊覧船は欠航、そして、予定より早い到着だったので、添乗員さんが翌朝の知床五湖散策に先に行きましょうと提案。 なんでも、五湖の辺りはヒグマ出没地帯で閉鎖されることが多いとのこと。 この日の夕方は散策予定の一湖と二湖は散策可能だったので、急遽予定変更です。
[PR]
by kao16kao | 2008-07-03 09:54 | 北海道旅行 | Comments(0)

小清水原生花園

北きつね牧場の後は網走。 めちゃ寒かったです。 最高気温13度とか言っていたけれど、もっと寒く感じました。 私はフリース着ていても寒かったのに、他の参加者はみんな薄手のジャケットだったから、もっと寒かったでしょう・・・

お昼は旅館の中のかに料理のお店でカニいっぱい食べました。 美味しかったけど、カニって食べるのたいへん。 みんな黙々と食べてました。 

朝、良いお天気だったのに、東に行くにつれ、だんだん曇ってきて、せっかくのオホーツク海もどんよりです。 

小清水原生花園に着いたときは、今にも雨が降り出しそうで、おまけに寒い!
でも、1時間に1本くらいしか来ない列車がちょうど来て、盛り上がる私たち。 画面の真ん中に収めようと思って、そのタイミングでシャッター押したけど、・・・遅かったですね(汗)
b0103583_927392.jpg

こんなかわいい駅があります。 なんでも、記念写真用に車掌さんの制服と帽子を貸してくださるそうです。
b0103583_9293044.jpg

b0103583_9301218.jpg

お天気悪くて、すごく寒かったけれど、お花はきれいでした。
↓(たぶん)エゾスカシユリ
b0103583_9323883.jpg

↓駅舎とハマナス
b0103583_9331374.jpg

他に、黄色いエゾキスゲもきれいに咲いていました。

ここの名物はジェラートだそうです。 こんなに寒い中、ジェラートもねぇ、と思っていたら、お店は建物の中で、そばにはストーブも! 人気の「アスパラ」&「流氷」のダブルで食べちゃいました♪
b0103583_9355114.jpg


流氷は塩味の薄いブルーのジェラートです。
[PR]
by kao16kao | 2008-07-03 09:39 | 北海道旅行 | Comments(0)

北きつね牧場

今回の旅行で、車窓から何頭かシカには会えたけれど、北きつねもヒグマにも遭遇できませんでした。

北きつねを見たのは、観光で入っていた北きつね牧場でだけです。 でも、ここでは、すぐ近くで北きつねたちを見ることができて、思ったより楽しかったです。

b0103583_1312214.jpg

b0103583_1313643.jpg
b0103583_1314762.jpg
b0103583_1315780.jpg
b0103583_132691.jpg

[PR]
by kao16kao | 2008-07-02 13:02 | 北海道旅行 | Comments(0)