ニュージーランド移住計画・・オークランドで就活中
by kao16kao


カテゴリ:NZ 北の北 Dec 12( 23 )

ベイ・オブ・アイランズ 日帰りツアー4

イルカたちは、ずっとついてくるわけではなく、エリアがあるみたい。 イルカたちと別れてから、ボートはガンガン進みます。 そして、ホール・イン・ザ・ロックが見えてきました。
b0103583_19222892.jpg

b0103583_19222952.jpg

b0103583_19224722.jpg

この穴を船で通るのかと思ったけれど、潮の関係かなにか、私たちのボートは外から見ただけでした。

その後、景色を楽しみながらパイヒアへ戻ります。
b0103583_19242142.jpg

b0103583_19242564.jpg

なんていう場所だか忘れましたが、途中でボートを乗り換えました。
b0103583_19253528.jpg


パイヒアに戻ったのは4時ころだったでしょうか? バスに戻って、パイヒアから乗る人も加わって、バスは一路オークランドへ。
帰りにみた動物の救急車
b0103583_19265239.jpg

途中、お茶休憩をして、オークランドに着いたのは8時ころ。
ホテルまで乗せてもらうよう予約したけれど、バスターミナルで降りて、スカイタワーのクリスマスツリーを見ました。
b0103583_19282998.jpg

b0103583_19283140.jpg


NZ旅行最後の夕食は、スカイタワー近くのピザ屋さんのチキンサラダ
b0103583_19291914.jpg

その後、のんびりお買い物をしながらホテルに戻りました。

翌朝は5時起きで、エアバスに乗って空港へ。
長いようで短かった10回目のNZ旅行はおしまいです。
次は、来年の3月ころ、タマリロがなるころ行きたいな☆
[PR]
by kao16kao | 2013-02-10 19:31 | NZ 北の北 Dec 12 | Comments(0)

ベイ・オブ・アイランズ 日帰りツアー3

Treaty Groundsを出て、午後1時20分からホール・イン・ザ・ロックのクルーズです。 すごく良いお天気で、気持ちが良いけれど、焼けそう・・・・
出発後、申し込んでおいたランチボックスをゲット。 外は風が強いし、テーブルがないので、メインキャビンでさくっと食べました。
b0103583_18572295.jpg

小さくて見えないけれど、ヨットもたくさん。
b0103583_18581569.jpg

しばらく行くと、イルカが寄ってきました。 バンドウイルカ(bottlenose dolphin)だそうです。
b0103583_191981.jpg

こんな近くで見たことなかったので、テンションあがりました~
b0103583_1915428.jpg

b0103583_1915334.jpg

b0103583_1921047.jpg

[PR]
by kao16kao | 2013-02-10 19:03 | NZ 北の北 Dec 12 | Comments(0)

ベイ・オブ・アイランズ 日帰りツアー2

ツアーに申し込むとき、ワイタンギ条約グラウンド(Waitangi Treaty Grounds)見学を希望するかどうか選べます。 ニュージーランドがイギリスの植民地になることを規定した契約・・・はやり行くべきでしょうと申し込んだのですが、申し込まない人は、ツアーの目玉、クルーズの時間まで自由時間みたいです。
中では、ガイドの女性が、丁寧に説明してくださいました。
b0103583_18385439.jpg
 
マオリ集会所
b0103583_1839234.jpg

b0103583_18394349.jpg

条約記念館は、イギリス公使ジェームズ・バスビーの家で、現存する国内最古の民家だとか。
b0103583_184241100.jpg

b0103583_18425187.jpg

カヌーハウス
b0103583_18433586.jpg

b0103583_18434582.jpg

b0103583_18435413.jpg

英語がもっとわかれば、深く理解できたのですが、わからないところと飛ばしても、とても興味深く、行って良かったです♪
[PR]
by kao16kao | 2013-02-10 18:46 | NZ 北の北 Dec 12 | Comments(0)

ベイ・オブ・アイランズ 日帰りツアー1

実質最終日は、ベイ・オブ・アイランズの日帰りバスツアーに参加しました。 7時15分ころ、バスターミナルに到着。 またまた最前列の席ゲット☆
最初に、Perry Kauri Parkにちょっとだけ寄って、McKinney Kauriという大きなカウリを見ました。 今、ネットで検索してみたら樹齢800年以上らしい。
b0103583_1824047.jpg

その時、ドライバーと話すと、なんと、ワイトモで会った、あの可愛い日本人の女の子を乗せてロトルアに行ったドライバーさんだと判明。 ビックリです。
しばらく走って、お茶休憩に寄ったお店の隣にいた子牛
b0103583_18265918.jpg

バスの後ろにキウイを発見。 かわいい~
b0103583_18274462.jpg

b0103583_18275416.jpg

11時15分ころ、パイヒアに到着。 朝、オークランドを出るときは曇り空だったのに、とても良いお天気になりました。 観光客のみならず、ニュージーランド在住の人たちにも人気の土地だけあって、素敵なところです。
b0103583_1831873.jpg

b0103583_18311631.jpg

b0103583_18312448.jpg

b0103583_18313230.jpg

b0103583_1831392.jpg

[PR]
by kao16kao | 2013-02-10 18:33 | NZ 北の北 Dec 12 | Comments(0)

デボンポートへ

今回、オークランドのお宿はコプソーン・ハーバーシティ。 名前の通り、港のそばです。
b0103583_2375634.jpg

部屋からの眺め
b0103583_2381558.jpg

ホテルに着いたのは3時ころだったので、フェリーに乗ってデボンポートへ行ってみることにしました。
b0103583_2392341.jpg

フェリーからのオークランドの眺め。 う~ん、天気悪いですね~
b0103583_2395965.jpg

乗ったフェリー
b0103583_2317596.jpg

マウント・ビクトリアにのぼってみました
b0103583_23115620.jpg

デボンポートの街並み
b0103583_23125523.jpg

b0103583_2313867.jpg

見つけたごみばこ
b0103583_23133459.jpg

散策後、フェリーでオークランドに戻りました。
夜は簡単にフードコートの中華
b0103583_23145292.jpg

夜はお土産屋さんを見たり、NEW WORLD(スーパー)を発見して喜んで買い物したりしました。
翌日はBay of Islandへの日帰りツアー。 実質、旅行の最終日。 早いもんです。
[PR]
by kao16kao | 2013-02-09 23:17 | NZ 北の北 Dec 12 | Comments(0)

ルアクリ・ケイブ

翌朝、朝食の時、同じテーブルでご一緒させていただいたのは、イギリス人ご夫婦。 昨晩、HUHU Cafeでお互い見かけていたので、そんな話から、いろいろお話させていただきました。 
チェックアウト後、荷物を置かせてもらってから、ルアクリ・ケイブ ツアーのピックアップを待ちました。 

洞窟内に入ってすぐ、螺旋階段(あれ?階段じゃなくてスロープだったっけ??)を降りていきます。 パンフレットで見る光景
b0103583_22452514.jpg

降りたところにある石。 たしか、この石にしたたる水に触って、日常を忘れてから洞窟に入る・・・みたいな説明があったような。
b0103583_22473096.jpg

ワイトモには、いくつも洞窟があるけれど、みんな違うんですね
b0103583_22481922.jpg

グロウワーム・ケイブは、土ボタルの撮影不可ですが、ルアクリはOK。
b0103583_2249817.jpg

b0103583_22491867.jpg

撮影OKなんだけど、私のカメラでは、ちっちゃい点しか写りませんでした。 なにげにカメラのせいにしてみましたが、単に腕が悪いだけです。
b0103583_22502375.jpg

b0103583_22503126.jpg


ツアー後、またB&Bまで送ってもらいました。 早めに到着したので、オークランド行きのバスに乗る前にランチの時間もとれました。
b0103583_22513861.jpg


その後、B&Bに荷物を取りに行って、Cさん&Jさんとお別れして、バス乗り場へ行くと、大きなバックパックを持った女の子が待っていました。 英語でバスのことを聞いてみると、「日本人ですか?」。 オーストラりアでワーキングホリデー中の福岡の女の子でした。 彼女は、ロトルア行きのバス(オークランド行きより、若干早い)を待っていて、時間になっても来ないので心配しているとのこと。 荷物を見ていてください、と頼まれ、彼女はi-SITEに聞きに行きました。 もうすぐ来ると言われたそうで、戻ってきたのですが、その後すぐにバスが到着。  ドライバーさんも彼女を探していたようです。 別れ際、彼女は私のところまで走ってきて、「オーストラリア風に」といってハグしてくれました。 ほんの10分くらい一緒にいただけだったけれど、とても可愛くて、素敵な思い出になりました。
出発直前、ドライバーが私の所に来て、オークランド行きのバスのドライバーに、彼女を無事にバスに乗せたと伝えてほしいと言われました。

ロトルア行きバスが出て、それほど経たずに、オークランド行きのバスが到着。 ドライバーに伝言を伝えると、彼女は、予約ではこのバス停ではなく、洞窟前のバス停から乗ることになっていたので、そこで少し待ったけれど現れないので、i-SITE前に行ってみればと、このドライバーさんがアドバイスしたとのこと。 あ、よく見ると、このドライバーさん、前日、私がロトルアからワイトモに来た時のドライバーさんだ☆

またまた最前列の席をゲット。 景色を楽しみながらオークランドに向かいます。 通路をはさんだ隣の席のアジア人女性に話しかけられて少し話しました。 シンガポールのダンスの先生で、ウエリントンで開催されたダンスの大会を見に来たのだそうです。
そうこうしているうちに、オークランドに到着~
[PR]
by kao16kao | 2013-02-09 23:05 | NZ 北の北 Dec 12 | Comments(0)

Lost World Tour!

いよいよ楽しみにしていたLost World Tour - 4 hrsです☆☆☆ 2時半にガイドのSさんがピックアップしてくれました。 何でこのツアーのことを知ったか聞かれたので、2004年に初めてワイトモに来た時は、ブラック・ウォーター・ラフティングをしたのだけれど、その時、パンフレットを見て、「次はこれだ!」って思ったんですよね。 2004年1月から2012年12月・・・ほぼ9年が経ってしまいましたが・・・ Sさんが聞いた理由は、6月頃AKBの6人が撮影で7時間のツアーに参加したそうで、私がその番組を見て知ったと思ったらしいです。

ツアーの参加者は私を入れて4人(女性3人・男性1人)。 女性は、クィーンズタウン出身で、今はロンドンに住んでいるBさんと、友達のEさん、男性は、名前を覚えていないのですが、オークランド在住のニュージーランド人でした。 
まず、ワイトモ・アドベンチャーズのオフィスから、車で15分くらい移動します。 その途中見た、珍しい白い牛たち。
b0103583_0265325.jpg

ロスト・ワールドの、小さな建物に到着。 ここで、つなぎを着て、ハーネスを付けて、ヘルメットをかぶります。
b0103583_0282717.jpg

写真はここまで。 ここから先は、ガイドが写してくれて、希望者はツアー後、オフィスでCDを買うことができます。 自分たちのツアーの写真以外にも、プロモーションの写真もたくさん入っています。 以下、そのCDからの写真なので、クレジットはワイトモ・アドベンチャーです。

林の中を歩くと、ロープが見えてきました。 そのロープで、100メートル(ビルの30階くらいですって)下の洞窟に降りて行きます。 ちょうど正面から見えるので、「わぁ~、あんな所降りるんだ」という↓こんな感じ。
b0103583_034583.jpg

さて、いよいよ降りますよという時、参加者男性がリタイア。 実は高所恐怖症だったらしい。 ガイドのSさんが、彼を送って行く間、女性3人は、いったん、場所を移動して、おしゃべりしながら待ちました。 BさんもEさんも気さくな良い人☆

Sさんが戻って、いざ出発。 最初に、下は100メートルの洞窟ってところのバーに腰掛けるのだけれど、そこが一番怖い。 でも、男性リタイアにより、結局、そこは2回やることになったのですが、2回目は慣れたというか、あまり怖くありませんでした。  洞窟はミストでとても神秘的。 それが余計に高さを感じさせなかったのか、怖いというより、不思議な気分でした。
b0103583_0424794.jpg

b0103583_0425238.jpg

みんな同じくらいのスピードで、20分くらい、ゆっくり時間をかけて、ロープをつたって降りていきます。 最初は、ロープを強く引かないと降りていかないのですが、下の方に行くにつれて、ロープか軽くなってきて、降りるスピードも早めになります。
下まで降りて見る風景は、まさにこんな感じ。
b0103583_0451856.jpg

洞窟の中を歩いて、座れる岩まで移動。 そこで、ガイドのSさんが紅茶とチョコレートを出してくれました。  
その後、Sさんのポージングで撮影タイム。 これ私です↓
b0103583_048589.jpg

BさんとEさんも一人ずつ写してから、今度は3人で。 ポーズはチャーリーズ・エンジェル風にとのこと(笑)
洞窟に差し込む光は、毎回違った色で見えるそうです。
b0103583_0495582.jpg

その後、ツチボタルも見ながら、洞窟内を移動し、ついに、一番恐れていた梯子に到着。 そうなんです。 100メートルも降りるんだから、どうやって上るの?と調べたところ、長~い梯子があると知ってから、ジムで足腰を鍛えた一年でした。 まじめな話、そのためにジムに通うことにしたのですよ。
b0103583_0525278.jpg

この梯子、ビルの10階の高さくらいあるそうな。 先に、ガイドのSさんが上り、上からロープをたらしてくれて、それをしっかりお腹のあたり(ハーネス)に付けて、ひとりずつ上ります。 私は2番目。 ほんとキツかったけれど、Sさんが、こちらのペースに合わせてロープを引いてくれるので、だいぶ助かりました。  ゴールが全く見えず、長~い梯子しか見えないときは、上りきれるか不安になったけれど、なんとか上りきると、先に上っていたEさんが温かく迎えてくれました。 Bさんは、スポーツウーマンなので、最後に、早いスピードで上ってきました。 最初に、SさんがBさんに色々教えて、ロープ装着なんかも、Bさんがみんなやってくれたんです。

そこから更に移動すると、ようやく外の光が見えてきました~。
みんな良い人たちばかりで、楽しくてすごい冒険をすることができました☆
オフィスに戻って、BさんEさんとハグしてお別れ。
またSさんがB&Bまで送ってくれました。

戻ったのは8時前くらいだったかな。 B&Bの前のHUHU Cafeというおしゃれなお店で食事をしました。 B&BのCさん曰く、夜は予約した方が良いとのことでしたが、なんとか予約なしでも入れました。 でも、ツアーで興奮していたのと、ランチを食べすぎたので、あまりお腹が空いていなくて、スープとサラダだけにしました。 前日に続き、ここのスープの美味しかったこと! スパイシートマトのスープだそうです。 ブロッコリーのサラダも美味しかった♪
b0103583_153815.jpg

[PR]
by kao16kao | 2013-02-09 01:10 | NZ 北の北 Dec 12 | Comments(0)

ワイトモ

翌朝も、雨が降りそうなお天気。 天気が良かったらロトルア湖の写真でも撮りに行こうと思っていたのにな。
幸い、バス乗り場までは降られずにすみました。
ロトルアを、朝8時前に出て、ワイトモに着いたのは10時。 バスのチケットには11時45分って書いてあった気がしたので、思ったよりうんと早く到着。 i-SITEで地図をもらったり、予約してあったアクティビティのピックアップをお願いしたりしてからB&Bへ。 早い到着だったので、お部屋の準備はまだできていなかったけれど、チェックインはできました。 B&BのCさんとJさんご夫妻、Cさんは化学の先生だったそうです。 その頃、フィジーの辺りにサイクロンが来ていたので、後日ベイ・オブ・アイランドに行くころ、サイクロンがニュージーランドにも来る?と心配していたので、聞いてみると、「全然大丈夫」。 元化学の先生が言うと、やけに頼もしい。 ほかに、お勧めのレストランなんかを聞いてから、荷物を置いて、歩きに出かけました。 ワイトモに着いてから、お天気はよくなってきました☆

道なき道(?)を歩いて、ルックアウトへ。 ワイトモこの風景、好きなんですよね~
b0103583_0124839.jpg

b0103583_0133122.jpg

いったんB&Bに戻ると、お部屋の準備ができていました。
b0103583_0134819.jpg

↓この正面の建物が私のお部屋。 
b0103583_0135715.jpg


午後は、ずっと楽しみにしていた『ロストワールド』アクティビティ。 体力つけるために、ガッツリ食べました。
b0103583_0141184.jpg

[PR]
by kao16kao | 2013-02-09 00:07 | NZ 北の北 Dec 12 | Comments(0)

ワイマング火山渓谷2

ワイマングは、バスも走っており、バスで移動できるところもあります。 たしか、バスストップ2から3への、ボート乗り場までは、歩くルートは閉鎖だったような・・・そこはバスで移動しました。 バスにも時間があるので、クルーズの時間より早めに到着。 前日、スーパーで買ったランチを食べて、ちょっと周りを歩いているとクルーズの時間になりました。 小さいボートで、乗客は、ケニアのご夫婦と、ヨーロッパの4人家族と私だけ。
b0103583_2147197.jpg

クルーズの間も、雨が降ったり止んだり。 でも、間欠泉も見れて良かったです♪
b0103583_215050100.jpg

b0103583_2151197.jpg

b0103583_21511235.jpg

クルーズの後、早めに入口に戻ったので、のんびりお茶していたら、なんと晴れ間が出てきたので、またちょっとだけ歩きました。
b0103583_215389.jpg

ピックアップの時間に入口で待っていると、行きのバスも運転していた、陽気なマオリ女性のドライバーさんが陽気に迎えにきてくれました。
ロトルアに着いてから、同じバスに乗っていた中国人の女の子と少し立ち話。 オークランドに語学留学中だそうです。

その後、お買い物をしながらホテルに戻り、荷物を置いて、夕食に出かけることに。
この日のハイキングのお供は、オールブラックスのキャプテン、リッチー・マコウのお水!
b0103583_2211496.jpg


前日は、バーガーキングでさくっと夕食だったので、この日は3コースディナー☆
スープはアップル・シナモンなんとかってスープで、すっごく美味しかったです。 こんなスープ、初めて!って感じのフルーティーなスープでした。
b0103583_2251414.jpg

お店のお姉さんお勧めのステーキも美味しゅうございました。 マッスル貝やエビ、ポテトなど、いろいろついてきました。
b0103583_226537.jpg

デザートは、アメでできたかごに入った、マシュマロの入ったムースみたいなの(←名称わからず)。 美味しかったけど甘かった!
b0103583_2281286.jpg

ホテルに戻って、無料で20分使えるコンピューターが空いていたので使ってみました。
で、海外で使えるパソコンの研究をしよう!と思ったのですが、それについては、今も悩み中。 海外旅行という非日常を経験しているのに、そこに果たしてネットは必要なのか?!と思うと、う~ん、となっちゃうわけです・・未だに。
そして、ロトルア最後の夜は更けるのです。
[PR]
by kao16kao | 2013-02-06 22:11 | NZ 北の北 Dec 12 | Comments(0)

ワイマング火山渓谷1

日本語だとワイマング火山渓谷だそうです。 英語だと、Waimangu Volcanic Valley.
2004年に初めて北島を訪れた時にワイマングに行って、また行きたいな~と思っていました。 前回はツアー(といっても参加者は私ひとり)だったので、時間が決まっており、駈け足観光。 今度はゆっくりしようと思って、バスとセットになったone day tourを見つけました。

朝起きると、今にも雨が降りそう・・・時間になって、小さなバンがお迎えに来てくれました。 i-SITEの前で、別のバスに乗り換えるも、私以外は全員ワイオタプに行く人たちで、ワイマングで降りたのは私ひとり。

バスに乗っているときに、とうとう雨が降り出したので、地図をもらって歩きだす前に雨がっぱ上下を着て、いざ出発☆

NZを旅行するときって、必ず雨に降られる。 もちろん晴れの方がうれしいけれど、毎回毎回雨に降られるもんだから、だんだん雨なんかへっちゃら!って思うようになっている自分がいます。 雨が降っても、前ほどガッカリしなくなりました。 いいんだか、悪いんだか。

前に来たのは2004年1月だったので、ほぼ9年ぶり。 なつかしい~
b0103583_21285454.jpg

b0103583_2129479.jpg

インフェルノの美しさは、2度目でもテンションあがります↓
b0103583_21295695.jpg

b0103583_21365519.jpg


今回の旅行では、この日が一番天気が悪い日でしたが、それでも、一日中ずっと雨ではなく、降ったり止んだりでした。 歩いていると暑くなって、私は、何度もカッパを脱いだり着たり。
今回は、火口に水がたまってできたロトマハナ湖クルーズにも行くことにしたので、湖にたどりつく時間が決まっていました。 どれくらいで着くかわからず、早く歩いたら、うんと早く着きそうになってしまいました。 そこで、いったん引き返して、健脚向きのハイキングコースを歩きなおすことに。 インフェルノまで戻ったところで、オーストラリア在住のケニア出身のご夫婦と会いました。 そのご夫婦も、ハイキングコースを行くとのことで、たまに話したり、写真の撮りあいっこしたりしながら歩きました。
b0103583_2137683.jpg

b0103583_21371793.jpg

b0103583_2137267.jpg

[PR]
by kao16kao | 2013-02-06 21:39 | NZ 北の北 Dec 12 | Comments(0)