ニュージーランド移住計画・・オークランドで就活中
by kao16kao


カテゴリ:アラスカ Jun 13( 15 )

アラスカ最終日

6月12日(水) 早いものでアラスカ最終日です。
お世話になったB&B、この日も朝からごちそうです☆
b0103583_1222213.jpg

この日は、アメリカの別の州で暮らす息子さんと、山から戻ってきたゲストの男性もいらっしゃいました。

フライトは昼過ぎだったので、荷物を置かせていだいて、最後の観光に出かけました。
アンカレジの信号の標記。 わかりやすいです。
b0103583_122545.jpg

街をぐるっと周って、何人かに勧められたアンカレジ・ミュージアムに行ってきました。
なかなか見ごたえあるミュージアムです。
b0103583_12274260.jpg

b0103583_122759100.jpg

b0103583_1228119.jpg

b0103583_12281680.jpg

b0103583_12281938.jpg

b0103583_12283349.jpg

b0103583_12283594.jpg

そして、おみやげ物を見たりしながら、のんびり街を歩いてB&Bへ戻ります。 う~ん、帰りたくない~
b0103583_1230286.jpg

b0103583_1230728.jpg

B&Bに戻って、荷物をピックアップしてから、Kさんに空港まで送っていただきました。 本当に何から何までお世話になったB&BのKさんご夫妻。 またアンカレジを訪れる機会があれば、いや作って、またお会いしたいです。
さてさて、空港に着いてから、ずっと気になっていた、「シーフードチャウダー」をメニューに見つけたので食べてきました。 ちょっとピリカラで美味しかったです☆
b0103583_12324035.jpg

アラスカを去ってから、サウスカロライナのホストファミリーを訪ねたのですが、さすがに遠い・・・アンカレジからソルトレイクシティに行って、そこで一泊してから、翌日チャールストンへ向かうことにしていました。
ソルトレイクシティまでは4時間ちょっとのフライト。 ラッキーなことに3人がけを一人で使うことができ、ゆったりと過ごせました。
この日のお宿は空港近くのマイクロテル。 時差もあるので、昼過ぎにアンカレジを出て、4時間のフライトだけだったけれど、ホテルに着いたのは夜9時過ぎ。 翌日も移動日です。
[PR]
by kao16kao | 2013-09-16 12:37 | アラスカ Jun 13 | Comments(0)

キナイ・フィヨルド・ツアー 2

いよいよクルーズの目玉でもある氷河へ向かいます。 たしか、アイアリック氷河です。
近づくにつれ、さすがに寒くなってきました! 
b0103583_18585315.jpg

b0103583_18582647.jpg

b0103583_18591223.jpg

b0103583_18584315.jpg

b0103583_18592912.jpg

氷河を離れて、スワードへ向け戻ります。 帰りもクジラを見ることができました。
b0103583_1904125.jpg

模様はシャチみたいなんだけれど、もっと小さくて、泳ぐのがすごく早く、船からみんなで呼ぶと近くによってくるかわいい子たちがいて、そばにいたスタッフの女の子に、「あれは何?」と聞いて、教えてもらったのに、覚えられず・・・ アラスカのあと、サウスカロライナのホストファミリーを訪ねたのですが、Cちゃんに「それはきっとporpoiseよ!」と教えてもらうまでわかりませんでした・・・ 調べてみたらネズミイルカですって。
↓私が乗ったのはオルカ・ボイジャー
b0103583_1935737.jpg

逆光できれいに写っていませんが、こんな所へも行きました
b0103583_194396.jpg

そして、楽しかったクルーズも終わり。 またまた、列車の出発まで時間がなく、大慌てでスワード駅へ向かうシャトルバスに乗り込みました。
スワード駅です↓
b0103583_1961338.jpg

往きの列車でも一緒だったご一家も同じ列車で、おじさんと話をいろいろしたり、帰りの列車も楽しかったです。
食堂車に行こうかと思ったけれど、サラダも売っていると聞き、見に行って、そのまま買ってしまった・・・
サラダとチップス。 お水もアラスカ!
b0103583_1985165.jpg

b0103583_1910131.jpg

b0103583_1991856.jpg

10時15分、アンカレジ駅に到着。 明るいです。 B&BのKさんには、歩いて帰るので大丈夫とお伝えしていたので、駅からのんびり歩いて帰りました。 明るいので、お土産屋さんも11時ころまで開いています。
b0103583_19112719.jpg

B&Bに戻ったのは11時ちょっと前。 まだ明るいです。
部屋からの景色。 2枚目はたしか0時過ぎです。 部屋からこんな美しい景色を見ることができるなんて幸せ。
b0103583_19131528.jpg

b0103583_19124673.jpg

[PR]
by kao16kao | 2013-09-08 19:12 | アラスカ Jun 13 | Comments(0)

6月11日 キナイ・フィヨルド・ツアー

この日も良いお天気☆ 朝、6時15分に駅まで送っていただきました。 それだけでなく、朝早くて、朝ごはんをいただけなかったので、おにぎり、フルーツ、スナックまでもたせていただきました。  感謝・感謝で、列車の中で美味しくいただきました。
駅では、あまり待たずにチェックインできました。 前日のデナリの待ち時間が長かったため、それが普通なのかと思ったけれど、そうではないみたい。 駅で、キャンプ・デナリで一緒だった、Sさん&Dさんご夫妻に再会。 彼らは今日はスワード泊だそうです。 この日は、普通車だったので、ご夫妻とはここでお別れ。 
でも、普通車もなかなか良かったですよ。 「左側の上の方にドールシープがいます」など、アナウンスがあり、見つけられなかったこともあるけれど、色々な動物を車窓から見ることができました。 周りのお客さんとも、「どこ?どこ?」なんて話したし、楽しかったです。
列車からの景色
b0103583_18355571.jpg

b0103583_18365665.jpg

なんでかわからないけれど、列車はすごく遅れ、クルーズの時間、ギリギリに。 でも、周りの人がみんな親切で助かりました。
ほんと、ギリギリだったので、「オルカ・ボイジャーに乗りなさい」と言われ、乗りこんだら、間もなく出発。 ランチが付いたので、先にランチを食べて、荷物全部もってデッキへ繰り出しました。 一人だと、荷物置きっぱなしにできないのが辛いところです。 ちなみに、私が最初に座って、ランチを食べた席は、後で戻ったら、知らない人たちに占拠されており、座る場所を探すのも一苦労でした。
さてさて、クルーズですが、ことごとくシャッターチャンスは逃しましたが、色々な動物たちを見ることができました。 景色もきれいだし。
b0103583_1845565.jpg

b0103583_1846134.jpg

くじらも近くにいたけれど、人が多すぎてよく見えない~。 優しいおばさまが、「ここから見なさい!」と場所をあけてくださいました。 写真の半分くらい、前の人の頭で隠れながらも、かろうじて写ったクジラのテール。 ・・・へたくそです。
b0103583_18502493.jpg

b0103583_18502572.jpg

アシカもたくさん!
b0103583_18513646.jpg

b0103583_18515576.jpg

あと、最後まで撮影に成功しませんでしたが、パフィンという鳥もたくさん見ました。
小さくて見えないかもしれませんが、鳥がたくさん飛んでいる場所もありました↓
b0103583_18542488.jpg

またまたクジラにも遭遇
b0103583_18545182.jpg

[PR]
by kao16kao | 2013-09-08 18:55 | アラスカ Jun 13 | Comments(0)

6月10日 キャンプ・デナリ 最終日

朝4時50分起き。 荷物は5時45分までにまとめて、6時から朝食です。
この日の朝のデナリ。 雲の隙間から、ちょっとだけ見えます。 
b0103583_16443075.jpg

b0103583_16435629.jpg

前の晩、部屋のゲストブックを見ていたら、滞在中、一度もデナリが見えなかったという人もいました。 私は、ほぼ毎日見ることができたので、すごくラッキーだったようです。

最後の朝食。 なんか寂しい。 最後になってしまいましたが、滞在中、朝食と夕食時に厨房のスタッフやガイド以外のスタッフも交代で挨拶がありました。 本当に、みんながひとつになっている感じです。

帰りのバスも3台。 私は往きと同じDさんのバス。
まず、私たちの前に姿を現してくれたのはライチョウ。
b0103583_16485141.jpg

b0103583_1650678.jpg

しばらくすると、なんと道路前方をオオカミがトボトボ歩いてる!
前日見逃がしていたので、とても嬉しい☆
b0103583_16512356.jpg

オオカミは、その後も、トボトボ私たちの前を歩いていたので、バスはゆっくり後ろから進みました。 すると、こんどは、ムース2頭が横切りました。
b0103583_16522058.jpg

b0103583_16522956.jpg

次の瞬間、オオカミがムースに気付き、ムースの後を追って走り出しました。 それをバスの中から見ていた私たちは、もう、わ~きゃ~ぎゃ~と大騒ぎ。 ムースは頑張って逃げて、オオカミは諦めました。 で、出てきたオオカミ。 
b0103583_16562234.jpg

b0103583_16563935.jpg

b0103583_16564013.jpg

そんなこんなで(?)バスは予定を大幅に遅れて、アイルソン・ビジター・センターでトイレ休憩。 他のバスの人たちと「オオカミとムース、見た?見た?」と、みんな大興奮。 どのバスも同じだったようです(笑)
その後、カリブーを見たり、地層の説明を聞いたりしながら、バスはアラスカ鉄道の駅へ向かいました。
b0103583_1702528.jpg

b0103583_1712894.jpg


到着して、キャンプ・デナリのスタッフのみなさんとお別れ。 楽しい3泊4日でした。

そして、アンカレジに向かうアラスカ鉄道ですが、FさんEくんの二人は、ゴールドスターにアップグレードすれば、一緒に座れるよ、と誘ってくださったので、普通の席からアップグレードしてもらおうと並んだのですが・・・すごい行列で30分以上待たされた挙句、Fさんがあらかじめ、近くの席にしてもらうよう話をつけておいてくれたはずなのに違う車両・・・ でも、結局、Fさんたちの近くの座席が空いていたので、「誰か乗ってくるまで」という条件で一緒に座らせてもらえました。 そして、誰も乗ってこなかったので、アンカレジまで一緒にいれました。
b0103583_17124078.jpg

b0103583_17124273.jpg

後ろにはSさん&Dさんご夫婦も座っていたので、いろいろたいへんでしたが、アップグレードして良かったです。
食堂車の利用の仕方が面白かったです。 好きな時に食堂車に行くのではなく、係員が順番に声をかけるようです。 FさんEくんが一緒だったので、食堂車体験もまた楽しかった☆

午後8時ころアンカレジ到着。 駅にはB&BのKさんが迎えに来てくださっていました。 やさしい~
荷物をピックアップして、何人かに挨拶して、Kさんの車でB&Bへ。 途中、スーパーで降ろしていただき、買い物をして戻りました。
翌日はフィヨルド・ツアーです☆

B&Bは、デナリから戻ってからは、とても広いお部屋に移りました。 かわいいベッドルーム☆
b0103583_1825162.jpg

[PR]
by kao16kao | 2013-09-01 17:20 | アラスカ Jun 13 | Comments(0)

6月9日 モデレート・コース 2

後でEくんに聞いた話では、私たちが歩いたのはストーニー・ヒル辺りらしいのですが、まずは平らなところをズンズン歩きます。
b0103583_18175463.jpg

まっすぐな虹が出ていました。 写真じゃ見づらいかな。
b0103583_18232725.jpg

しばらく平らなところを歩いてから、今度は、斜面の上り。 ガイドのHさんがウォーキング・ポールを貸してくれました。 やはり違います。
斜面のかなり上の方まで歩いてから、ランチタイム。 その時、かなり離れたところですが、ドールシープを発見。
b0103583_18232058.jpg

b0103583_18224179.jpg

b0103583_1823385.jpg

ランチの後、斜面を上り切った辺りで、Eくんがオオカミを発見。 でも、私は見つけることができませんでした(泣)
しばらく、こんなところを歩いていたのですが、
b0103583_18265423.jpg

急に雪が! ガイドのHさんが、EくんとHちゃんと一緒にすべっていました。
b0103583_1826514.jpg

結構高い所に来たのかな? 雪が増えてきました。
b0103583_18274823.jpg

この辺りは、だいぶ寒くなってきて、みんな一枚はおりました。
b0103583_18283078.jpg

途中、ぬかるみにズッポリ足をとられ、靴が泥だらけに・・・ 雪で洗って(?)みるも、無駄な抵抗でした・・・
b0103583_18302367.jpg

本当は、途中で、もう一つのグループとすれ違う予定だったみたいですが、私たちのグループが速かったのと、もう一つのグループは、みんな写真を撮ったりするのに、時間をかけていたようで、途中で引き返して私たちのグループとはバスに乗るとき合流。
b0103583_18325790.jpg

前日とは、まったく違うハイキングで、とても楽しかったです。

帰りに、もう一度、アイルソン・ビジター・センターに寄りました。
とてもリアルな「プー」。 奥から、オオカミ、ムース、クマだそうです。
b0103583_1834327.jpg

そして、帰り道、バスの窓から、すごく近くでグリズリー・ベアを見ることができました! 子グマが一緒ではないので、若いオスではないかとのことです。 みんな大騒ぎ☆
b0103583_1836106.jpg

b0103583_1837734.jpg

b0103583_18363156.jpg

b0103583_18372987.jpg


早いもので、もう最後の夜です。
夕食の後で、翌朝、出発の案内がありました。 お昼の列車に間に合うように出るので、5時45分までに荷物をまとめ、6時朝食です。 なんか、あっという間・・・
[PR]
by kao16kao | 2013-08-25 18:39 | アラスカ Jun 13 | Comments(0)

6月9日 モデレート・コース

この日は、どのコースもバスで移動です。
バスの窓からのワンダーレイク越しのデナリ。 ワンダーレイク、凍ってます。
b0103583_17291853.jpg

なんという場所かわかりませんが、バスを降りて、みんな美しい景色を撮影。 まだきれいにデナリ、見えてます。
b0103583_17303695.jpg

b0103583_17304697.jpg

b0103583_17305592.jpg

b0103583_173148.jpg

アイルソン・ビジター・センターに着くころには、デナリは、再び、雲で隠れてしまいました。
b0103583_17315911.jpg

ビジター・センターに飾られている、美しいキルト。 作者のLさんは、ジニーさんのメモリアルに参加されていた一人で前日にお話もしたので、彼女の作品だと聞いた時はビックリ!
b0103583_17333463.jpg

ビジター・センターから、もう少し先へ進み、ハイキングのスタートです。
この日は、参加者が多かったので、2つのグループに別れました。 私たちは、キャンプデナリの6人(Fさん&Eくん、Cさん&Cさんご夫妻、Pさん、私)に、ノースフェイスロッジの親子、昨日も一緒だった、Jさん&Lさんご夫妻とHちゃんの9人+ガイドのHさん。
出発地点で、ずっと見たかったジリスを見ることができました。 発見したEくん、ありがとう☆
b0103583_17405675.jpg

b0103583_1741454.jpg

b0103583_17411339.jpg

b0103583_17412219.jpg

[PR]
by kao16kao | 2013-08-18 17:41 | アラスカ Jun 13 | Comments(0)

また顔を出してくれました

6月9日
朝、2時半ころ目が覚めたので、デナリ・チェック! あ、ちょっと顔を出しています! それにしても、2時半でこの明るさ。
b0103583_17151696.jpg

また4時半ころ目が覚めたので、デナリ・チェック! わぁ! 雲がない! そして、ピンクできれい!
b0103583_17171268.jpg

b0103583_1717117.jpg

あまりにキレイだったので、アウトハウスにも行ってみました。
ハートの窓から見えるデナリです☆
b0103583_17185082.jpg

b0103583_17191793.jpg

そして6時ころ起きると、この日はまだ顔を出していてくれました。
b0103583_17204075.jpg

b0103583_172047100.jpg

b0103583_1720576.jpg

そして朝食。 ここがポトラッチです
b0103583_17221515.jpg

この日のハイキングは、レベルは前日と同じく3つに別れますが、どのコースもバスに乗って、もっと高い所へ行きます。 私は、前日同様、モデレートのグループに参加することにしました。
ランチボックス準備して、再集合まで時間があったので、またちょっと撮影。
ハスキー犬のミア。 おばあちゃん犬です。
b0103583_17243111.jpg

ポトラッチからの眺め。 朝食後も、デナリは見えていました。
b0103583_17251097.jpg

きれいだったので、もう一度、アウトハウスから。
b0103583_1725241.jpg

[PR]
by kao16kao | 2013-08-18 17:25 | アラスカ Jun 13 | Comments(0)

6月8日 モデレート・コース

各自ランチを準備して、9時半に集合。 Lさんのガイドで、ムース・クリークに行きました。 メンバーは、キャンプデナリだけでなく、ノースフェイスロッジの人も合流します。 キャンプデナリからは、Fさん&Eくん親子と私、ノースフェイスロッジからはJさん&Lさんご夫妻と9歳のHちゃん、そしてSさんの4人が合流し、ガイドのLさんを入れて、全部で8人のグループになりました。
離れて見るキャンプデナリ↓
b0103583_16505498.jpg

ガイドのLさんは、とっても知識が豊富で、植物の説明もたくさんしてくださいます。 毎度思いますが、もっと事前に勉強してた方がいいですね(汗)
Lさんいわく、これは珍しいらしい↓ それ以上はキャッチできず残念
b0103583_16543392.jpg

たしかアゼリア↓
b0103583_16545151.jpg

気持ちの良い道をずんずん歩きます。 ただ、蚊の多さはハンパないです。
b0103583_16554443.jpg

ムースクリーク
b0103583_1656880.jpg

ランチは、また少し上って、フカフカのスポンジ・ツンドラに腰掛けて食べました。 外で食べるサンドイッチは最高!
b0103583_16573313.jpg

この日は、野生動物に遭遇はしなかったのですが、ムースの糞を発見
b0103583_16582075.jpg

b0103583_16583545.jpg

戻る途中、ツバメの巣を見ました。
b0103583_16594510.jpg

b0103583_1659576.jpg

その後も、ぐるっとひとまわり。
b0103583_1704460.jpg

ホーステイルという名前だと聞き、あとで辞書で調べると「つくし」でした。
b0103583_1714948.jpg

ハイキングは、最後に、みんな一人ずつ、一番印象に残ったことを発表して、解散。 1時半ころ戻りました。 
まだ早かったので、自転車を借りて、ワンダーレイクに行くつもりだとFさんに話したところ、一緒に行くことに。 その前に、ロッジで休憩。
ロッジのストーブはかわいいです。
b0103583_1735139.jpg

b0103583_1741284.jpg

そうこうしているうちに、天気が悪くなってきて、Fさんたちは行かないことに(でも、後で聞いたら、私を追ったらしい)。
なので、一人で、借りた自転車に乗ってワンダーレイクへ。 上り坂が多くて、自転車を引いて歩いた距離の方が長いかも。
自転車を借りるときに、注意事項を読んでサインする書類があるのだけれど、そこにクマに遭遇した時の注意事項が書いてありました。 なんか、今にも雨が降り出しそうで、突然、クマも出てきそうな気がしたので、早めに切り上げました。
b0103583_1765212.jpg

b0103583_1765867.jpg

ディナーでは、オーナーのSさんの隣で、ワンダーレイクはどうだったかと聞かれました。 「凍ってたでしょ?」と言われ、「・・・?」 凍っていたようには見えなかったけれど、よくみていなかっただけか?  翌日バスの窓から見た時はたしかに凍ってました。
翌日は、バスに乗って、もっと高い所を歩くとのこと。 早く寝ようっと。
[PR]
by kao16kao | 2013-08-18 17:09 | アラスカ Jun 13 | Comments(0)

目の前にマッキンレー

キャビンの夜は、蚊の飛ぶ音以外は静寂です。
1時半頃、どうしてもトイレに行きたく、でも、夜に外のトイレに行くのは嫌だな~と、カーテンを開けると、まだ夕方くらいの明るさで、電気のないアウトハウスも平気でした。

6時に目覚ましをかけて、カーテンを開けてみると、昨日は雲に隠れて全く見えなかったマッキンレー(デナリ)が目の前に!! 思っていたより、うんと大きくてビックリ!
b0103583_1627333.jpg

でも、30分もしないうちに、また雲で隠れてしまいました。
b0103583_16274338.jpg

朝食まで時間があったので、周りをお散歩。
b0103583_16282367.jpg
b0103583_16283443.jpg

食事はこちらのポトラッチで↓
b0103583_16303896.jpg

みんながくつろげて、講演などもあるロッジ↓
b0103583_16312792.jpg

お食事は、毎回違う席になります。 毎回、自分の名前を探すのが楽しみです。 これは、いろいろな人と隣になって、多くの人たちと話す機会を作るためだそうです。
b0103583_16362752.jpg

朝食後は、ひとりずつ自己紹介。 今回は、半分強の人たちが、キャンプデナリ創始者のひとりで、今年の3月に亡くなられたジニーさんのメモリアルでいらしていて、昔、キャンプデナリで働いていたという人や、ジニーさんとゆかりのある方が多く集まられていました。 みなさん、とてもフレンドリー。
その後、この後のハイキング・コースの説明があります。
コースはフォーレイ、モデレート、ストレニアスの3つ。 フォーレイは、あまり、歩かず、お花や鳥などをじっくり観察するコース。 モデレートは、アップダウンはあるけれど、それほどきつくないハイキングコース。 ストレニアスは急勾配の多いコース。 私は、モデレートに手を挙げました。
少し待ってから、ランチパック準備コーナーが設置され、自分で、食べたいだけ、ランチを準備します。 パン、ハム、野菜、クッキー、お菓子などいろいろ。
[PR]
by kao16kao | 2013-08-18 16:44 | アラスカ Jun 13 | Comments(0)

40 Mile

夜8時ころ(と、言っても明るいです)、キャンプデナリに到着! ポトラッチで、ケーキ、フルーツ、お茶をいただいてから、キャビンが発表されました。 私のキャビンは40 Mile。 スタッフのSさんがキャビンまで案内して、ストーブやガスランプの使い方を教えてくれました。
唯一の一人部屋と聞いていたので、きっとすごく遠いんだろうなと思っていたのに、ポトラッチやシャワーのある建物に近くてビックリ。
b0103583_17344846.jpg

b0103583_17341233.jpg

b0103583_17351310.jpg

ふたを開けるとマキが!
b0103583_17345491.jpg

b0103583_1736110.jpg

b0103583_17352758.jpg

b0103583_17363876.jpg

アウトハウス(トイレ)は、徒歩30秒くらい・・・かな?
これくらい離れてます。
b0103583_17373249.jpg

アウトハウスの目の前は崖っぷち。 と、いってもそんなに険しくはないけどね。
b0103583_1739756.jpg

アウトハウスにはハート型の窓が開いています。
b0103583_17395544.jpg

b0103583_1740613.jpg

中はこんな感じ
b0103583_17402440.jpg

この日はデナリも見えないまま、長い第一日目が終わりました。
[PR]
by kao16kao | 2013-08-11 17:40 | アラスカ Jun 13 | Comments(0)