ニュージーランド移住計画・・オークランドで就業中
by kao16kao
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


ププ・スプリングスへ移動

自転車の鍵を開けながら、ヘルメットがないことに気付きました。 絶対ヘルメットはかぶらないといけないと聞いていたので、一瞬ためらいましたが、とりあえず、この辺りは人がいないので、(カモフラージュで)帽子をかぶって出発。 天気は良いけれど、風が強くて帽子が飛んでいく~。 片手で帽子を押さえて、砂利道を走るのは危険と思ったので、もう帽子は止めてしまってしまいました。

そんな時、四輪車に犬と一緒に乗って牛を移動中のおじさんと遭遇。 ちょっとドキドキしながら、「は~い」と言ってみると、手を振ってくれました。 おじさんを抜いて、牛の行列を逆方向に自転車で走りました。 でも、その牛の列の長いこと! 思わず停まって写真撮影。
ちょっと小さくて見えないかもしれませんが、奥の丘の道にも行列が続いています。
b0103583_126853.jpg

すると、おじさんの四輪車がまたやってきて、「どうしたの?」と聞くので、牛の行列の写真を撮っていたと話すと、全部おじさんの牛で390頭いるそうです(うちジャージーは3頭)。 おじさんに、ヘルメットを借り忘れてハラハラドキドキだと話すと、捕まったらそう言えばいいと言われました。 そして、昨日もププ・スプリングスに行ったけれど、天気が良くなかったので、今日これからまた行くと言うと、やはり天気が良い日の朝が一番きれいだそうです。 そしておじさんは、「近道を教えてあげる」。

そこからププ・スプリングスに行くには、ぐるっと回って行かねばならないのですが、この辺り一帯はおじさんの私有地で、そこを横切るともうスプリングスだとのこと。 ほら、あそこの緑色が見える? あそこがもう泉だよ、とおじさん。 私有地と泉の間にはフェンスがあるけれど、乗り越えていいから、と言われましたが、ちょっと「・・・」。 でも、せっかくなので、途中迷子になっておじさんに助けてもらいながらも、今晩、おじさんの牛たちの夕ご飯になる土地(↓ 写真)を自転車で横切りました。
b0103583_1371230.jpg

横切った先は本当にププ・スプリングスでした! おじさんはフェンスを乗り越えろっていうけれど、その先、トレイルにたどりつけるのか、ちょっと不安な距離。
おじさんのフェンスから見たププ・スプリングス。
b0103583_140120.jpg

乗り越えようか悩んだ末、トレイルにいる人たちに怪しまれるのもイヤだなと思って、牧草地を引き返しました。 おじさんと牛たちに最初に会った道に戻ると、おじさんは遠くから私を見つけて手を振ってくれました。 いいおじさんだったなぁ。
[PR]
by kao16kao | 2010-01-11 01:41 | ゴールデンベイ Dec 09 | Comments(0)
<< ププ・スプリングス 2 ププ・ハイドロ・ウォークウェイ >>