ニュージーランド移住計画・・オークランドで就業中
by kao16kao
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
NZ旅行 Mar 08
ネルソン Mar 08
ウェリントン Mar 08
北海道旅行
SC May 09
ソウル Nov 09
ゴールデンベイ Dec 09
NZ 南の南 Dec 10
ノルウェー Jun 11
NZ 北の北 Dec 12
アラスカ Jun 13
SC Jun 13
NZ 南と北 Apr14
沖縄旅行
函館旅行
転職活動
準備
下見旅行
手配旅行
プチ旅行
歩こう♪
映画
その他
.....
NZ滞在
最新のコメント
元気にしてる~~? コ..
by Elfarran at 12:54
さらパパさん、コメントあ..
by kao16kao at 18:26
こんばんわ。 お伊勢さ..
by さらパパ at 22:20
えっとこちらのブログすご..
by skuna@docomo.ne.jp at 08:14
エルさん、お久しぶりです..
by kao16kao at 21:57
記事ランキング


Lost World Tour!

いよいよ楽しみにしていたLost World Tour - 4 hrsです☆☆☆ 2時半にガイドのSさんがピックアップしてくれました。 何でこのツアーのことを知ったか聞かれたので、2004年に初めてワイトモに来た時は、ブラック・ウォーター・ラフティングをしたのだけれど、その時、パンフレットを見て、「次はこれだ!」って思ったんですよね。 2004年1月から2012年12月・・・ほぼ9年が経ってしまいましたが・・・ Sさんが聞いた理由は、6月頃AKBの6人が撮影で7時間のツアーに参加したそうで、私がその番組を見て知ったと思ったらしいです。

ツアーの参加者は私を入れて4人(女性3人・男性1人)。 女性は、クィーンズタウン出身で、今はロンドンに住んでいるBさんと、友達のEさん、男性は、名前を覚えていないのですが、オークランド在住のニュージーランド人でした。 
まず、ワイトモ・アドベンチャーズのオフィスから、車で15分くらい移動します。 その途中見た、珍しい白い牛たち。
b0103583_0265325.jpg

ロスト・ワールドの、小さな建物に到着。 ここで、つなぎを着て、ハーネスを付けて、ヘルメットをかぶります。
b0103583_0282717.jpg

写真はここまで。 ここから先は、ガイドが写してくれて、希望者はツアー後、オフィスでCDを買うことができます。 自分たちのツアーの写真以外にも、プロモーションの写真もたくさん入っています。 以下、そのCDからの写真なので、クレジットはワイトモ・アドベンチャーです。

林の中を歩くと、ロープが見えてきました。 そのロープで、100メートル(ビルの30階くらいですって)下の洞窟に降りて行きます。 ちょうど正面から見えるので、「わぁ~、あんな所降りるんだ」という↓こんな感じ。
b0103583_034583.jpg

さて、いよいよ降りますよという時、参加者男性がリタイア。 実は高所恐怖症だったらしい。 ガイドのSさんが、彼を送って行く間、女性3人は、いったん、場所を移動して、おしゃべりしながら待ちました。 BさんもEさんも気さくな良い人☆

Sさんが戻って、いざ出発。 最初に、下は100メートルの洞窟ってところのバーに腰掛けるのだけれど、そこが一番怖い。 でも、男性リタイアにより、結局、そこは2回やることになったのですが、2回目は慣れたというか、あまり怖くありませんでした。  洞窟はミストでとても神秘的。 それが余計に高さを感じさせなかったのか、怖いというより、不思議な気分でした。
b0103583_0424794.jpg

b0103583_0425238.jpg

みんな同じくらいのスピードで、20分くらい、ゆっくり時間をかけて、ロープをつたって降りていきます。 最初は、ロープを強く引かないと降りていかないのですが、下の方に行くにつれて、ロープか軽くなってきて、降りるスピードも早めになります。
下まで降りて見る風景は、まさにこんな感じ。
b0103583_0451856.jpg

洞窟の中を歩いて、座れる岩まで移動。 そこで、ガイドのSさんが紅茶とチョコレートを出してくれました。  
その後、Sさんのポージングで撮影タイム。 これ私です↓
b0103583_048589.jpg

BさんとEさんも一人ずつ写してから、今度は3人で。 ポーズはチャーリーズ・エンジェル風にとのこと(笑)
洞窟に差し込む光は、毎回違った色で見えるそうです。
b0103583_0495582.jpg

その後、ツチボタルも見ながら、洞窟内を移動し、ついに、一番恐れていた梯子に到着。 そうなんです。 100メートルも降りるんだから、どうやって上るの?と調べたところ、長~い梯子があると知ってから、ジムで足腰を鍛えた一年でした。 まじめな話、そのためにジムに通うことにしたのですよ。
b0103583_0525278.jpg

この梯子、ビルの10階の高さくらいあるそうな。 先に、ガイドのSさんが上り、上からロープをたらしてくれて、それをしっかりお腹のあたり(ハーネス)に付けて、ひとりずつ上ります。 私は2番目。 ほんとキツかったけれど、Sさんが、こちらのペースに合わせてロープを引いてくれるので、だいぶ助かりました。  ゴールが全く見えず、長~い梯子しか見えないときは、上りきれるか不安になったけれど、なんとか上りきると、先に上っていたEさんが温かく迎えてくれました。 Bさんは、スポーツウーマンなので、最後に、早いスピードで上ってきました。 最初に、SさんがBさんに色々教えて、ロープ装着なんかも、Bさんがみんなやってくれたんです。

そこから更に移動すると、ようやく外の光が見えてきました~。
みんな良い人たちばかりで、楽しくてすごい冒険をすることができました☆
オフィスに戻って、BさんEさんとハグしてお別れ。
またSさんがB&Bまで送ってくれました。

戻ったのは8時前くらいだったかな。 B&Bの前のHUHU Cafeというおしゃれなお店で食事をしました。 B&BのCさん曰く、夜は予約した方が良いとのことでしたが、なんとか予約なしでも入れました。 でも、ツアーで興奮していたのと、ランチを食べすぎたので、あまりお腹が空いていなくて、スープとサラダだけにしました。 前日に続き、ここのスープの美味しかったこと! スパイシートマトのスープだそうです。 ブロッコリーのサラダも美味しかった♪
b0103583_153815.jpg

[PR]
by kao16kao | 2013-02-09 01:10 | NZ 北の北 Dec 12 | Comments(0)
<< ルアクリ・ケイブ ワイトモ >>